top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

竹内涼真演じる響が中条あやみ“来美”に…誰も予想できなかったラストに「重たいのカチコまれた感」

テレビドガッチ


竹内涼真が主演を務める日本テレビ×Huluの共同製作ドラマ『君と世界が終わる日に Season1』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)。3月7日放送の第8話では、視聴者絶句の展開に「日曜の夜に重たいのカチコまれた感」との声があった。(以下、ネタバレが含まれます)。

通信手段なし、逃げ場なし、生存確率0%……生ける屍に占拠された世界の最期を生き抜くため、竹内演じる主人公・間宮響らが奔走する極限のサバイバルラブストーリー。竹内のほか、中条あやみが響の恋人で研修医の小笠原来美役で出演する。

ミンジュン(キム・ジェヒョン)がゴーレム化して死んだ。女ともみ合いとなり、刺されたことが原因で、ゴーレムに噛まれてしまったのだ。響は、その女が来美だとは知らず、憎しみと悲しみが頭を駆けめぐる。

甲本洋平(マキタスポーツ)は、自分を必要としてくれたミンジュンが殺されたことで、首藤公貴(滝藤賢一)はもちろん、その女への復讐心を募らせる。一人で駐屯地に向かおうとする彼に、響は冷静に「こちらの体勢を整えましょう。全員で、生き抜くための準備を」と言葉をかけた。

一方、駐屯地では、来美が錯乱状態となった首藤を励ましていた。自分に生きる希望を与えてくれた彼のために、一人で臨床試験用の注射を試みる。そこにやってきたのは、等々力比呂(笠松将)。彼が間一髪制止すると「ワクチンの開発が続けられるかもしれないの」と訴える。首藤に狂気を感じていた等々力は「首藤のやっていることがまともだと思っているのか?」と訴えるが、彼自身も首藤に頼まれて自警団となっていることをつかれる。しかし、それは来美を守るため。脅されていると言えない等々力は、生きる意味を失いつつある彼女を抱きしめ「ずっと好きだった。小笠原のことは俺が守る」と告白した。

そんな中、猿ノ島の調査に行きたいと一人で向かう等々力。しかし、すぐに放浪グループに捕まってしまう。響は、なぜ等々力が首藤の味方をするのか、怒りをにじませたあと「仲間を襲ってくるヤツは殺す。女、子供だろうと関係ない。ゴーレムと一緒だ。全員ぶっ殺す」とぶつけた。

等々力が帰ってこないと聞いた来美は、駐屯地グループと共に猿ノ島へ。拳銃を渡された彼女が一人で待機していると、等々力を人質にして男女が出てきた。駐屯地グループは何もできない。来美が物陰から拳銃を構えた瞬間、後方から「動くな」と男の声が!

響の目線では、女の後ろ姿のみ。弓を引きつつ「動いたら撃つからな。お前がミンジュンを刺した女か。お前がやったんだろ。俺の大事な仲間を。言えよ。やったんだろ。おい答えろ!」と威嚇。

彼の声に気づいた来美が「響!」と振り向いた瞬間、弓は彼女の胸に刺さって……。

ネット上では、主人公がヒロインを撃つ衝撃のラストシーンに「ゾンビのただただ怖いドラマかと思ってたのにこんな展開なるなんてさ……」「ぇええーーーーーッ!」「日曜の夜に重たいのカチコまれた感」との声があった。

次回は3月14日に放送。三原紹子(安藤玉恵)の容態が悪化するが、必要な抗生剤がない。響たちは駐屯地との交渉を始める。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル