top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

確認!そばに海がある人向け 津波・高潮・高波対策

防災ニッポン

海の近くに住んでいると、津波や台風、低気圧による高波、高潮などを原因とした災害に遭うリスクがあります。こうした「海の災害」の多くは、実は事前に発生が予想できるので、自分や身近な人の命を守るために、日ごろから防災意識を持って備えておくことが重要になります。

今回は海の近くで注意すべき災害と防災の方法を紹介しましょう。

海の近くに住んでいる人が注意すべき3つの災害

海の近くに住んでいて注意が必要な災害は、津波と高潮、高波の3つです。

 

いずれの災害でも海水が防波堤などを越え、家屋が浸水したり、倒壊してしまったりする危険があります。もちろん、事前に対策を立てることはできます。まずは、自宅や職場のある場所が、浸水が想定されるエリアになっているかどうかをハザードマップで確認してみましょう。

ハザードマップで海の近くの災害リスクを確認してみよう

広告の後にも続きます

ここでは国土交通省がインターネットで公開している「重ねるハザードマップ」(https://disaportal.gsi.go.jp/maps/)の見方を紹介していきます。

 

・高潮、高波

はじめに、高潮、高波に関したリスクを調べたい場合は、ハザードマップの「災害種別」で「高潮」を選択します。画面の上方に検索窓があるので調べたい住所を入力します。
下に掲載したのは、例として検索した「(兵庫県)西宮市」のマップです(2021年1月現在)。

 

表示例①

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル