ディーン・フジオカ、演じた役はトトロ?「ジブリに媚を売るようなことを言いましたが」
ディーン・フジオカ、演じた役はトトロ?「ジブリに媚を売るようなことを言いましたが」
『淵に立つ』で第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞した深田晃司監督が、7年の歳月を費やして制作した『海を駆ける』。本作の舞台挨拶がなんばパークスシネマ(大阪市)で行われ、深田監督、主演のディーン・フジオカが登壇した。
本作は、インドネシアのバンダ・アチェを舞台に、海岸で倒れていた謎の男“ラウ”をとりまく、不思議な出来事の数々を描いたファンタジー・ドラマ。2004年に起きたスマトラ島沖大震災で甚大な被害を受けながらも復興を遂げつつあるアチェの姿も重ねられている。

日本に拠点を移す前、香港、台湾などアジア各国で活動をしていたディーン・フジオカだが、インドネシアは未踏の地とあって「僕の家族、友だちもインドネシアには行ったことがないから、『大丈夫なの?』『保険に入った方がいい』と心配をされました。内戦、紛争のイメージがありましたが、津波があったことで内戦がとまり、平和が訪れた。人間同士が殺し合わなくて済んだのは津波のおかげという複雑な状況を、現地の人たちは『それが神の思し召しだ』と言っていました」と振り返る。

そんなインドネシアのイメージについて、ディーン・フジオカは「ジャカルタでは仕事をしたことがあったけど、(当時から)インドネシアはセンスが良くてエネルギーがある。撮影中も、仕事への取り組み方が素晴らしかった」と絶賛。一方で、「アチェには映画館もない。映画を作るシステムもない。インドネシアの人たちも、アチェで撮ろうとは考えない。そんな場所で映画を作るなんて、かなり狂気でした」と苦笑い。

しかし、インドネシアの人たちの陽気さが撮影の苦難を吹き飛ばしたそうで、深田監督は「誰かが歌い出すと、合唱が起こる。こんなに穏やかで、楽しい気持ちで映画を作ったのは初めてです」と充実を口にした。

今回演じたラウという男性は、いつもただ微笑んでいるだけの不思議な男。ディーン・フジオカは「ラウには感情があるのかないのか、善悪があるのかないのか(分からない)。もしかして、トトロなんじゃないか。と、スタジオジブリに媚を売るようなことを言っていますが(笑)、監督にイメージを伝えてもらって、自分のなかで(キャラクターを)トランスフォームさせていきました」とつかみどころがない役だったという。

そして最後にディーン・フジオカは、「この映画の生死観を一人でも多くの人に共有してほしい」と呼びかけた。

映画『海を駆ける』は全国公開中。
(更新日:2018年6月6日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME