top_line

巨人・清原和博が史上31人目の2000安打達成(2004年6月4日)

週刊ベースボールONLINE


一塁ベース上で花束をもらい、笑顔の清原。左がローズ、右が高橋由伸

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は6月4日だ。

「ふわふわとした雲の上を歩いているような気がしました」
 2004年6月4日、ナイトゲームではあるが、神宮球場はまだ明るかった。

 1回表二死、ローズを一塁に置き、巨人・清原和博が打席に入ると、カウント0ストライク2ボールからヤクルト・ベバリンが投げた134キロの変化球をとらえ、打球はセンター前に。史上31人目、通算2000安打の達成だ。
「センター返しは基本。本塁打で決めたかったが、それに負けない、いいヒットだったと思います」と清原。プロ19年目の達成だった。

 さらにすごかったのが9回表だ。ヤクルト・五十嵐亮太の155キロを左中間スタンド上段に打ち込む。こちらは通算490号本塁打だ。
「全身の筋肉がひとつになった。今までで5本の指に入る本塁打です。入団したとき王さん(貞治。巨人)の868号を(目標として)口にしましたし、これからは500号という山に向かっていきたいと思います。あすからは優勝に向け、体を張って頑張ります」
 堀内恒夫新監督(当時)との確執も伝えられる中、最高のアピールになったかに思われたが、その後、死球で骨折。プロ入り最少の40試合の出場に終わってしまった。 

写真=BBM

TOPICS

ランキング

ジャンル