top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

サンセバスチャン、東京、カイロなど名だたる国際映画祭で話題を集めた藤元明緒監督による長編第2作目『海辺の彼女たち』ポスタービジュアル・予告編解禁!

cinefil

2020年開催の第68回サンセバスチャン国際映画祭で新人監督部門に選出、また第33回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門に出品され話題を呼んだ藤元明緒監督による長編第2作目『海辺の彼女たち』の初日が5月1日(土)に決定いたしました。合わせてポスタービジュアルと予告編が完成しました。

このたび解禁となったポスタービジュアルは、寒空と真冬の海を背景に、3人の女性たちの働く姿とともに、「生きていく。この世界で――」という内なる覚悟を感じさせるコピーが添えられている。

©2020 E.x.N K.K. / ever rolling films

サンセバスチャン国際映画祭、東京国際映画祭で賞賛!
圧巻のリアリズムで描く、在日ベトナム人女性の覚悟と生き様。

ベトナムから来た3人の女性たち、アン、ニュー、フォン。彼女たちは日本で 技能実習生として3ヶ月間働いていたが、ある夜、過酷な職場からの脱走を 図った。ブローカーを頼りに、辿り着いた場所は雪深い港町。不法就労とい う状況に怯えながらも、故郷にいる家族のため、幸せな未来のために懸命 に働き始めたが……。より良い生活を求めて来日したベトナム人女性たち を主人公に、きらめく未来を夢見ながら、過酷な現実と闘う姿を描く。

©2020 E.x.N K.K. / ever rolling films

広告の後にも続きます

©2020 E.x.N K.K. / ever rolling films

©2020 E.x.N K.K. / ever rolling films

在日ミャンマー人の移民問題と家族の愛を描いた前作『僕の帰る場所』が、東京国際映画祭「アジアの未来部門」グランプリを受賞した藤元明緒監督による長編第2作目。
近年、外国人技能実習生の受け入れが増加しているなかで、その劣悪な労働環境などが社会問題として取り沙汰されているが、本作は、藤元監督がかつて実際にミャンマー人技能実習生から受け取ったSOSメールをきっかけにして着想された。世界第4位の移民大国となっている日本において、ベトナムからの技能実習生が全体の半数を占めている現状から、主人公をベトナム人として設定。実際の技能実習生や来日後に失踪した当事者、彼らを支援しているシェルター等での取材を重ね、脚本を執筆した。さらにキャスティングは、ベトナムの2都市(ホーチミン、ハノイ)でオーディションを実施。100名以上の候補者のなかから選ばれた3名のベトナム人女性を主人公に迎え、リアリティにこだわり抜いた、ドキュメンタリーとフィクションを越境する物語が誕生した。

昨年、世界でも有数の若手監督の登竜門であるサンセバスチャン国際映画祭・新人監督部門に選出され、その後に東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門で凱旋上映されるなど、国内外の映画祭で注目を集めている。
サンセバスチャン国際映画祭選考委員のロベルト・クエト氏は「メロドラマ的な要素やステレオタイプな設定を一切避けた『海辺の彼女たち』は心揺れるラストシーンへと向かう強烈で実直な旅だ」と激賞し、ハリウッド・レポーター誌では「彼女たちの勇気と決意に捧げた、厳かで美しい詩」という賛辞が贈られている。

©2020 E.x.N K.K. / ever rolling films

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル