top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『鬼滅の刃』がもっと楽しくなる知っておきたい日本文化

WOW! JAPAN (jp)

『鬼滅の刃』がもっと楽しくなる知っておきたい日本文化(C)WOW! JAPAN (jp) 大人気アニメ「鬼滅の刃」には、日本の文化を学べる様々なアイテムが登場します。そこで今回は、鬼滅の刃が更に楽しくなる日本文化の豆知識をご紹介いたします。

鬼滅の刃とは

「鬼滅の刃」とは、大正時代の日本を舞台に家族を鬼に惨殺された主人公の竈門炭治郎(かまど たんじろう)が、鬼と化してしまった妹・禰豆子(ねずこ)を人間に戻す方法を探すために仲間と共に鬼と戦いながら成長していく物語。
原作は、漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」で連載され、テレビアニメ化をきっかけに大ブームとなりました。
現在までの単行本累計発行部数はなんと1億部を突破するほどの人気作品です。
2020年10月16日からは劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」が公開され、日本では再び鬼滅の刃が注目されています。

鬼滅の刃の時代設定「大正時代」はどんな時代?

舞台となる大正時代は、日本の歴史上最も短い時代区分で、1912年から1926年の約15年間です。この時代は、民主主義の発展を目指す様々な運動「大正デモクラシー」の発生や第一次世界大戦の勃発、関東大震災の発生など、日本の近代史を語る上で重要な出来事が次々と起こった激動の時代でした。

一方、文化・芸術面では民衆や女性の地位向上に伴い、都市部を中心に洗練された大衆文化が花開きます。西洋文化の影響を受け、日本人の洋装が一般化したのもこの時代。袴に編み上げブーツや学ランに羽織りなど和洋折衷のスタイルも流行しましたが、洋服は地方の労働者階級には浸透せず、和服が一般的でした。
鬼滅の刃のキャラクターたちは当時の最先端の格好をしていたんですね!

また、1話目に炭治郎が家の庭に穴を掘り、家族を埋葬するシーンがありますが、大正時代初期の土葬率は約65%。この時代は、ちょうど土葬から火葬へと移行する過渡期にあたります。

鬼って何?

日本の昔話やことわざなどに頻繁に登場します。「鬼」という言葉は、「隠(おぬ:姿の見えないもの、この世ならざるもの)」という言葉が転化したもの。日本では人に害をなすもの、目に見えない超自然的な存在を指し、鬼滅の刃では実際に人間を喰い殺す恐ろしい存在として描かれています。

『鬼滅の刃』がもっと楽しくなる知っておきたい日本文化

アニメの「水の呼吸」はまるで浮世絵?神楽とは?

炭治郎や富岡義勇が使う「水の呼吸」。流れる水のように変幻自在に剣筋を変え、あらゆる戦闘に対応できる剣技で、テレビアニメでは、葛飾北斎の浮世絵の波が動き出したかのように表現されています・・・

WOW! JAPANで続きを読む

TOPICS

ランキング(アニメ)

ジャンル