top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

濱口優と南明奈が結婚!長期化カップルによくあるネックとは

女性自身

5月25日、かねてより交際が報じられていた「よゐこ」の濱口優さん(46)とタレントの南明奈さん(29)が入籍したことを自身のインスタグラムで報告。多くの人から祝福されました。

交際から4年での入籍とあって一時は別れたのではと噂がされていましたが、どうやら破局は外野の杞憂だったようです。筆者は以前女性自身のコラムで「この結婚にはメリットしかない!」と叫んでいましたが、やはり長く付き合いすぎたカップルの春は、“決めどき”に迷う部分があったかもしれません。

私たち一般人の世界でも、恋人の期間が長すぎて結婚するタイミングを逃しているカップルはいます。

「別れるつもりはまったくないけど、結婚するには決め手にかける」

広告の後にも続きます

こんな気持ちのカップルが、結婚にステップアップを決める際の心の変化には何が必要なのか。それぞれが抱えるネックから、紐解いていきます。

■男と女それぞれにある結婚が決まらない“ネック” 

・女性のプロポーズ神話がオンナを縛る

問題がないからこそ長く付き合っている。そんなカップルには、結婚の意識はあるけれど“決め手”にかける状態が続いています。しかし内情を聞くと、実は“女性は結婚する気満々だけど、男性からプロポーズされないから硬直状態が続いている”ということがあります。いわゆる「プロポーズ待ち」が結婚タイミングを逃しているパターンです。

女性のなかには、告白やプロポーズは男性からしてもらいたい or すべきであるとガンとして考えている方がいます。彼女たちの心の中には、「告白される」という行為に「自分が選ばれた」という承認欲求が無意識に乗っかっています。

そのためプロポーズは男性からしてもらいたい or して当然だと自然に考え、自分から決定打(プロポーズ)を打つことはしない。そして最悪な場合、“結婚をにおわせ続ける”という行動を取り始めます。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル