top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

グッと春ファッションになる!アイテム選びの秘訣9パターン

スゴレン

【1】黒タイツから肌色のストッキングにする

「生足っぽく見えるだけで、ずいぶん暑苦しさがなくなる」(20代女性)というように、コーデにおける「黒」の面積が減るだけで、グッと春らしくなるようです。ストッキングだと寒いようなら、グレーやチャコールのタイツにするだけでもずいぶん印象が明るくなるのではないでしょうか。

【2】どんな素材でも春らしい色合いを選ぶ

「色選びは大事!パステルカラーとか春っぽいよね」(20代女性)というように、「春らしい」と聞いて連想される色合いを意識して選ぶ人もいます。ネオンカラーなどインパクトのある色みであれば、素材の冬っぽさから目をそらす効果もありそうです。

【3】機能性下着で防寒して、重ね着のもたつきを解消する

「見た目がスッキリしていると『防寒してる』とは思われない」(20代女性)というように、モコモコに着ぶくれするのを避けるコーデを心がければ、それだけで「冬っぽい」イメージから脱することができそうです。さらに、機能性下着が袖口や襟ぐりから見えないよう気を付けたいところです。

【4】毛糸のマフラーから薄手のストールに変える

「毛糸はどうしても冬っぽくなってしまう」(10代女性)というように、毛糸は基本的に冬にしか登場しない素材なので、春には似つかわしくないようです。とはいえ、薄手のカシミアのストールであれば、保温効果がありながら軽やかな印象にチェンジできるのではないでしょうか。

【5】ウールのコートからトレンチコートに着替える

「風はよけられるし、トレンチは春っぽい」(20代女性)というように、「コート」と名がついていても、春らしいイメージのあるトレンチコートならOKなようです。厚手の裏地がついたものを選べば、ある程度は寒さ対策もできるのではないでしょうか。

【6】ダウンジャケットをベストにする

広告の後にも続きます

「ベストにすると薄着に見える」(20代女性)というように、腕の部分がないダウンベストなら「軽装」の雰囲気を出せるようです。とはいえ、体幹部分はしっかり防寒できるので、寒がりの人にもトライしやすい「脱冬テク」といえるでしょう。

【7】コートの下に明るい花柄のワンピースを着る

「室内は暖かいんだから、コートを脱いだときのコーデのほうが大事」(20代女性)というように、はじめから屋内で過ごすことがわかっていれば、厚手のコートに春らしい薄手のワンピという組み合わせが賢いかもしれません。コート姿を見られないよう、脱いでから室内に入れば完璧でしょう。

【8】毛糸のセーターではなくカーディガンにする

「ボタンを開けておくだけで厚着感が薄れる」(20代女性)というように、同程度の毛糸のトップスでも、脱ぎ着できるカーデにするだけで春らしさが演出できそうです。パステルカラーやピンクなど「春らしい」とされる色選びをすれば無難でしょう。

【9】ブーツを脱いでタイツにパンプスを合わせる

「黒ブーツをはくだけで一気に冬っぽくなっちゃうので…」(20代女性)というように、ブーツはワンアイテムで「冬らしさ」を強調してしまうものだといえそうです。足をむき出しにしたくなければ、厚手のカラータイツにきれいな色のパンプスを合わせると軽快なイメージに変わるでしょう。

<p>色選びや素材選びなど、ちょっとした工夫をするだけで、寒さを我慢せず春の装いにチェンジできるようです。「寒いから仕方ない」と諦めず、おしゃれ上級者を目指しましょう。(小倉志郎) 【調査概要】 期間:2014年10月10日から16日まで 対象:合計500名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査</p>

TOPICS

ランキング

ジャンル