top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

知っておきたい女性の5つの真実。大事な場所の正しいケア方法

ママテナ

知っておきたい女性の5つの真実。大事な場所の正しいケア方法(C)ママテナ デリケートゾーンのケア、適当に自己流で行っていませんか?
繊細で複雑な場所だからこそ、正しいケア法を知ることが大切です。

デリケートゾーンにも汗腺があり、汗をかくので清潔に保つ必要はありますが、洗いすぎは厳禁。

特に膣の中は、弱酸性に保たれることで、雑菌の侵入を防いでいます。

そのため、膣内は洗う必要がありません。

しかも、膣は表面部分も善玉菌である「表皮ブドウ球菌」が守ってくれています。

洗いすぎは、こういった必要な菌まで除去してしまうので、逆にデリケートゾーンでトラブルがおきやすくなってしまいます。

3) ボディーソープで洗わない

広告の後にも続きます

体を洗うのと同じ石けんやボディーソープでデリケートゾーンを洗っていませんか?

これらの石けんは多くが、アルカリ性。

デリケートゾーンにいる、自浄作用を維持する菌まで洗い流してしまいます。

デリケートゾーンは、刺激が少ない、弱酸性の石けんで洗うのがおすすめ。

デリケートゾーン専用のソープもたくさん販売されているので、使ってみては。

4) 小さすぎる下着を履かない

小さい下着は、食い込みやすく、通気性が悪くなりがち。

下着は、股の部分がコットンなどの自然素材でできている通気性のよいものを選びましょう。

また、小さいナイロン製の下着は、ムレやすく、カンジダ菌が繁殖しやすくなります。

ふだんはコットンなどのショーツをはき、特別な時だけお気に入りのものに。

5)アンダーヘアを放置しない

生理中、アンダーヘアに経血がつくと、そこから菌が繁殖してニオイのもとに。

また、アンダーヘアを処理することで、ムレの改善効果も得られます。

どこまで処理するかは、好みによりますが、完全に剃る必要はなく、短くカットするだけでも、かなりムレにくくなります。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと



  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル