top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

なかなか結婚できない「ジャニーズ」妻の理想はaikoだった

SmartFLASH

『国分太一』

 1グループで1人しか結婚は許されない。こうした結婚の掟が存在するといわれてきたジャニーズ事務所。

 

 しかし、2015年9月にTOKIOの国分太一(42)が結婚した際、ジャニー喜多川社長(85)が「遠慮なく適齢期になったら結婚するべきです」と発言。TOKIOでは山口達也(後に離婚)に続き2人めの結婚だったこともあり「ついにジャニーさんが結婚を認めた!」として話題になった。

「もちろん、彼らも我々同様に普通の恋愛をしますが、結婚はハードルが高い。ジャニーズタレントは子供のころからジャニーズで教育を受けており、自然と先輩の背中を見て『結婚はリスクだ』という意識が刷り込まれているように見えます」(ジャニーズに詳しいジャーナリストの中村竜太郎氏)

広告の後にも続きます

 1981年に薬丸裕英(51)、本木雅弘(51)とのシブがき隊でデビューした布川敏和(51)は「アイドルだから結婚してはダメ、なんて言われるんじゃなく、勝手にそう思っていた」と語る。

 布川は1988年にグループ解散後、すぐに事務所を退所。1991年に高校時代から交際していた、つちやかおり(52)と結婚(2014年6月に離婚)している。

「僕は17歳、デビュー1年めのときにつちやさんと出会ってつき合っていた。ジャニーさんたちは知っていたし、つき合うなと言われたことはない。ちなみに『風俗に行くな』とも言われたことはないよ(笑)。

 でも、当時はトシちゃん(田原俊彦)やマッチ(近藤真彦)のたのきんトリオなど、先輩アイドルで結婚している人はいなかった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル