top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

EXIT、「子どもがいなくても楽しい」現代社会の少子化問題に持論を展開

エンタメウィーク(芸能)

EXIT、「子どもがいなくても楽しい」現代社会の少子化問題に持論を展開

お笑いコンビ・EXITのりんたろー。と兼近大樹がニュース番組「ABEMA Prime」(ABEMA)に出演。自民党の野田聖子幹事長代行をゲストに迎え、日本の少子化問題について持論を展開しました。

りんたろー。は「今の世の中は色んな形の幸せがある。それは、パートナーがいてもいなくても、お子さんがいてもいなくても同じ。そんな中で、『結婚していなかったり子どもがいないと半人前』みたいな空気がうっすらと世の中全体に漂っているのはどうかと思う」とコメント。

一方、兼近は「ゲームですら、死ぬほどハマっちゃうことがある。オモロいことが世の中にメチャクチャ多い現代では、“子どもを育てることや子どもがいること=幸せ”と直結しなくなっている」「全員ではないですけど、『子どもはいらない』と考える人も多いと思う。それは、女性も男性も関係なく。『子どもがいなくても別に楽しいぜ』と幸せを感じられる生き方もあるから。」と持論を展開。

この意見を聞いた野田氏は「本当にその通りだと思う」とし「子どもの数が減少するということは、まだまだ国がやれることをやっていないということだと思う。」とコメント。最後に「日本は、政治も含め、皆が心地良く、新しい家族を迎えることを最優先にした努力ができていない」と語っていました。

EXITが考える「少子化問題」、若者視点で対策提案(ナリナリドットコム)

データ提供:タレントデータバンク
(EXIT)

EXITの関連作品




TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル