top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

要人暗殺の噂も!? 自衛隊のスーパーエリートが集う「秘密特殊部隊」の全貌

アサ芸Biz

 2004年に習志野駐屯地で発足した「特殊作戦群」をご存知だろうか。今年1月にはその初代群長が自衛官に戦闘訓練を指導していたことが共同通信によって報じられたが、そのスーパーエリート集団の実態に迫ると‥‥。

 ゲリラ戦を展開するアメリカの特殊部隊「グリーンベレー」は、「1人で陸軍200人に相当する戦力を保有している」と表現されることもあるが、日本の特殊作戦群はどのような訓練をしているのだろうか。

「当然、訓練内容も公表されていませんが、発足前はグリーンベレーの実践訓練方法や最新鋭の装備品をお手本にしたり、ゲリラ戦の制圧を想定し、狭い建物の中で敵と民間人を見分けて射撃する訓練などの準備を進めていたようです」(自衛隊関係者)

 公にその姿を現した数少ない機会が、18年1月だった。当時の安倍晋三総理とオーストラリアのマルコム・ターンブル首相が、自衛隊の習志野駐屯地を視察するという異例の機会があったのだ。そこで、オーストラリア製の装備品を案内したのが、ほかならぬ「特殊作戦群」の隊員だった。社会部記者が明かす。

「この日は、豪州製の通称『ブッシュマスター』と呼ばれる輸送防護車MRAPの説明に両首脳が聞き入るばかりか、実際に車両に乗り込むなど、かなり具体的な対テロ即応の解説があったようです。日本のテロ脅威やミサイル迎撃のPAC3を紹介しつつ、その戦略について、突っ込んだ議論があったようです。ただ報道陣はシャットアウト。ここでも訓練内容を知ることはできなかった」

広告の後にも続きます

 実はこの日、豪首脳の視察からさかのぼること3年前に、特殊作戦群の活動の一端が明らかになる事件が発生している。15年8月、沖縄県うるま市の沖合で、米陸軍ヘリコプターが墜落する事故が起きたことがあった。

 当時、アメリカの陸軍特殊部隊隊員がヘリコプターから降下し、武装勢力に乗っ取られた船を制圧し、奪還する想定で訓練を行っている途中、乗組員7名が負傷。そのうち2名は特殊作戦群所属の隊員だったことが判明すると、防衛省は米特殊部隊の作戦、訓練を学ぶ「研修」の一環として搭乗したと説明している。

 それから約2年後、共同通信は米軍事故報告書を入手したとして、こう報じたのだ。

〈米艦船へのロープ降下訓練に臨む際、回転翼が艦首マストに接触し、コントロールを失った。報告書の写真では機体上部が原形をとどめておらず、危険な訓練だったことをうかがわせた。(中略)約200ページの報告書は「多国籍」の訓練とし、陸自を含めた同乗者12人を「戦闘装備部隊」と一体で表現。防衛省は陸自2人の武器所持と訓練参加を否定し、「研修」として見学したと説明しているが実態は不明だ〉

 記事にあるとおり、隊員が「参加」していたかはわからないが、特殊作戦群が今後、訓練に導入しようとしていたならば、相当厳しい非常事態を想定し、シミュレーションをしていたのではないだろうか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル