top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「Sechs Kies」ファン連合、YGエンタの“コ・ジヨン プロフィール削除”を支持「これ以上、傍観できなかった」

ワウコリア


韓国男性グループ「Sechs Kies」のファン連合が元メンバー、コ・ジヨン(37)に関して二次立場文を発表した。

「Sechs Kies」ファン連合は30日、「“Sechs Kiesの人物情報(プロフィール)からコ・ジヨン氏を除外してほしい”とするファンの要請をYGエンターテインメントが受け入れたことを積極的に支持する」と明らかにした。

続けて「韓国内ファンが最後の手段として声明書を発表するまで、Sechs Kiesの再結成から2017年6月までに、最大ファンカフェ(サイト)を通したコ・ジヨン氏の会社広報イベントが9回おこなわれ、これはコ氏の側近や会社職員との緊密な共助のもと進行された」とし、「イベントに使われる食品広告物にSechs Kiesメンバーの肖像権が盗用され、コ・ジヨン氏をSechs Kiesのプロフィール写真に挟んだ合成イメージを作ることによって、知的財産権を侵害したこともあった」と打ち明けた。

ファン連合側は「何より、16年という伝統を持ったSechs Kiesのファンカフェがコ・ジヨン氏の会社のバイラルマーケティング事業に関わり、ファンカフェの意味が喪失するほどファンダムに多大な打撃を抱かせた。だが、コ氏はこれについて何の言及や謝罪もなかった」と説明した。

また、「ファンたちはコ・ジヨン氏とその会社の態度が改善されることを希望し、こうした事実をファン同士内で静かに留めておいたが、コ氏の会社は現在もこれを同様の方式で中国のファンまでを事業に引き込んでいると見られ、これ以上、傍観できなかった」と訴えた。

広告の後にも続きます

さらに「コ・ジヨン氏の会社及びクライアントの商標盗用によって、Sechs Kiesブランドはメンバーとは無関係の商品、特に乳児と関連したビッグデータが蓄積し、ブランドイメージの毀損と価値減少の恐れがあったため声明書を発表することになった」と伝えた。

最後に「今後もYG側に“Sechs Kies”の商標権保護の持続的管理を要請する」と強調した。

TOPICS

ランキング

ジャンル