top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

更年期のだるさやほてりに!不調緩和に役立つ山芋の活用術

つやプラ

つやプラ世代のお悩みの多くに「更年期の不調」があるかと思います。実は、スーパーで手に入る食材の「山芋」は更年期の不調をやわらげる効果が期待できるといわれています。

ずぼらだけど薬膳のプロである筆者が、山芋が更年期の不調にアプローチする理由と活用法をご紹介します。

■薬膳的「更年期の不調」とは

薬膳の世界では、「腎(じん)」という成長系ホルモンを司る臓腑(ぞうふ)の働きが低下すると不調を感じやすくなると考えます。なので、更年期の不調をゆるやかにするキーワードは、腎の働きを高めることです。

中医学では、この腎からみた年齢変化として、女性は7の倍数で身体が変化すると考えられていますが、それは28歳でピークを迎えます。そして、35歳、42歳と歳を重ねるにつれて腎の働きが弱りやすく、ホルモンの分泌量が低下していく傾向にあります。それによって、ほてりや寝汗、息切れ、気持ちのアップダウン、腰痛などの更年期の不調を感じやすくなるというメカニズムです。

広告の後にも続きます

腎は先天的な生命エネルギーを蓄えておく臓腑ですので、年齢とともに生命エネルギーが減っていくのは自然なことです。ですから、ご自身を責める必要はありません。

腎の働きを高める食材「山芋」

食や暮らし方によって、更年期の不調をゆるやかにすることは可能です。腎の働きを高めておくことが更年期の不調を軽減することにつながります。

暮らしのなかでは「睡眠時間をたっぷりとる」「運動不足にならないように意識する」といった必要がありますが、忙しい毎日ではなかなかむずかしいですよね。そんな時は、口にするものを変えてみましょう。

筆者がおすすめしたいのは「山芋」です。山芋は腎の働きを高め、特にほてりや寝汗のお悩みを軽減することが期待できる食材です。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル