top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ヨ・ジング、パク・シネら低迷期中のJTBCを救えるか?

韓流大好き


創立10周年となるJTBCが、『シーシュポス:The Myth』と『怪物』の放送をスタートさせた。

チョ・スンウ、パク・シネ、シン・ハギュンとヨ・ジングは、JTBCドラマの自尊心を取り戻せるだろうか。

数字の振るわないJTBCドラマ



昨年『夫婦の世界』でシンドロームを巻き起こしたJTBCドラマは、以降なかなか反騰することができず、沈滞期を過ごしている。下半期の視聴率記録は凄惨な水準。11月に放送されたドラマ『LIVE ON』は1%台の初回放送視聴率を維持できず、2話には0.428%に墜落。その後も0%台の視聴率から抜け出すことはできず“JTBC歴代最低視聴率”という汚名を残す結果に。

先日6日に最終回を迎えたドラマ『ハッシュ』も2%台の視聴率で最終回を終えた。ファン・ジョンミンが8年ぶりにドラマ復帰するという点、映画『EXIT イグジット』で韓国を代表する女優という地位を築いたユナの出演など、『ハッシュ』の期待要素は多かったのだが、現実は違った。

4日に終了したシン・セギョン、イム・シワン主演の『それでも僕らは走り続ける』も2~3%の視聴率で終了した。若い年代からは人気を得たという有意義な結果はあるが、視聴率の側面では成功したと評価しかねる数値。現在放送中の『先輩、その口紅塗らないで』も同じだ。2%台の視聴率も維持することができず、9日に放送された8話の視聴率は反騰の気配も示さず1.5%に落下した。

続きは関連記事から♪

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル