top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ぺたんこ髪の原因は?髪が寂しく見える人のNGヘアケア習慣

つやプラ

40代以降になり、ふとした瞬間に「私、髪のボリュームが減ったかも!?」と焦った経験はありませんか? もちろん、髪も老化しますから、加齢と共に毛量が減少するのは仕方のないこと。ですが、薄毛に見える原因が全てエイジングによるものとは限りませんし、まだまだふんわり感のあるシルエットを演出することが可能な場合もあります。

では、なぜ髪が薄く見えるのでしょうか。ヘアライター&ヘアジャーナリストの筆者が、髪が薄く見える人のNGヘアケア習慣と、その主な原因&対策方法をご紹介します。

■髪が薄く見えやすいパーツ

自分自身、そして人からも「髪が薄くなった」と思われやすい部分は、トップとサイド、そして前髪です。

トップは根元が潰れることでペタンとした印象になりますし、顔周りに張りつくようなサイドはハリやコシ感がなく、髪が弱々しく見えてしまいます。前髪の左右端っこにある顔周りの毛が細くペラペラとすると、額も不自然に見えて薄毛っぽいシルエットになる場合があります。

広告の後にも続きます

実際、髪が痩せて細くなったり抜け毛が増えることで薄毛に見えるケースもありますが、大人女性の場合は無意識に行うヘアケア習慣がトップ・サイド・前髪を薄く見せていることも多々あります。

では、具体的にどのような習慣が薄毛風のヘアに見せてしまうのか、代表的なケースを以下にまとめました。

■髪が薄く見える人のNGヘアケア習慣

トリートメントを髪全体にたっぷりつけている

ほとんどのトリートメントは、毛髪を修復に導くためのアイテム。頭皮用トリートメントでない限り、髪だけになじませることが正解です。また、生えてきたばかりの根元の髪は健康毛のため、トリートメントは必要ないと考えましょう。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル