top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

オードリー若林正恭「相方・春日俊彰」の高評価に意気消沈

SmartFLASH

 

「この間、ミッツ(マングローブ)さんも、メシ食ったときにずっと春日のこと褒めてた。『若林君、春日君って、すごいわよ。やっぱり、テレビは画なのよ。あんなに絵になる男、いないのよ』みたいなこと熱弁してて」

 

 この状況について、若林が「ふと思ったんだけど、『春日がすごい』っておれに言ってくる人がけっこう多い。おれのこと言ってる人、いる?」と春日に尋ねるも、「あんまり聞いたことないかな」とあっさり否定され、「……そんなことなら辞めたろうかな、本当に。イヤになってきたよ」と意気消沈する。

 

広告の後にも続きます

 また、「おれは “テレビさん” だと思われているのか?」と謎のすね方を見せる若林。 “テレビさん” とは一体何なのか。

 

「『本当に腕のある芸人はライブにいる』みたいに思うヤツから見て、もしかしたら(自分は)『テレビさん』だと思われてるのか?」

 

 春日は「私がそういう(お笑いや芸能について語る)人と会わないから。たいてい、中川パラダイスとしか一緒にいないから」と、若林の好評価を聞かない理由を述べていた。

 

 ライブではなく、テレビに出ることが多いのは、逆説的に売れっ子の証明でもある。それだけではプライドが許さないのだろう。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル