top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ノーメイクが肌トラブルを招く?withマスクで美肌を保つコツ

つやプラ

マスク生活が長く続き、自宅で過ごす時間が多くなったここ最近。コロナ前は毎日のメイクがあたりまえでしたが、今やマスクで顔をおおうことが日常となり、ちょっとした外出程度なら、マスクの下はノーメイクでも不自然ではない時代といえます。

「化粧をしないと肌に良さそう」とノーメイク生活をポジティブに捉える考えもありますが、マスク生活があたりまえとなった今は、ノーメイクが肌トラブルを招く場合もあります。

ヘアライター&ヘアジャーナリストの筆者が、マスク生活による肌不調についてお伝えします。

■withマスクにより、シワやくすみが増加中!?

顔を半分以上おおうマスクは、目元メイクを少しだけ施せば、ちょっとした外出も抵抗なくできてしまうもの。そのため、UVに対する意識が少しゆるくなっている人もいるようです。

広告の後にも続きます

しかし、ほとんどのマスクに日傘のような紫外線カット効果はなく、紫外線がマスクを通りぬけて日焼けをしてしまう場合があります。当然、冬でも紫外線は降り注ぎますから油断大敵です。

気づいた時に「肌がシワっぽい」「透明感がなくなった」と慌てないためにも、外出前に必ずUVケアをしましょう。

スプレータイプのUVもおすすめ

日中の出入りには、スプレータイプのUVを使うと手軽です。髪や手のひらにもつけやすく、コロナ禍でさぼり勝ちなUVケアを習慣化しやすいでしょう。

また最近では、紫外線予防効果が期待できるマスクも登場していますから、上手に活用しましょう。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル