top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

疲れ、モヤモヤ、怒り……。コロナ禍のストレスを消す100の方法

BOOKウォッチ

ストレスを消す100の方法(宝島社)<amazonで購入>

 リモートワークが続いて体を動かす機会が減ってしまった。外出もしづらく、ただ仕事ばかりをする毎日。自分が思っている以上に実はストレスが溜まっているかもしれない。

 宝島社から2021年1月13日に発売された『ストレスを消す100の方法』では、東大やWHO、ハーバードなど有名機関で実証した「科学的に正しいストレス撃退法」を紹介している。

画像は、『ストレスを消す100の方法』(宝島社)の表紙(撮影:BOOKウォッチ編集部)

目次は下記の通り。

Chapter1 ストレスを考える
Chapter2 食事とサプリ
Chapter3 簡単エクササイズ
Chapter4 リラクゼーション
Chapter5 自己セラピー

 ストレスを「消す」ために必要なのは、まず、ストレスとは何かを知ることだ。Chapter1では、当たり前のように使っている「ストレス」という言葉について考える。

 次に、Chapter2の「食事とサプリ」では、美味しく食べながらストレスが解消できる方法を紹介している。嫌なことがあったら、甘いものを食べて忘れる、とにかくたくさん食べてストレスを解消する、という人も多いのではないだろうか。なぜストレス解消になるのか、そのメカニズムも紹介されていて興味深い。

広告の後にも続きます

 そのほかにも、イライラする時やストレス発散におススメの飲み物や、お酒で「忘れたい夜」のおつまみ、幸福感を高める食べ物など、食に関する40もの豆知識を紹介している。

 Chapter3、4、5には、自宅でできる簡単なエクセサイズやリラクゼーション、色や呼吸を使った自己セラピーの方法が60項目並んでいる。

 Chapter3では「ストレス解消の運動は10分以内」「練る前の1分間ストレッチでストレス解消」など、気軽に取り入れられるエクササイズを多数紹介。Chapter4は、「ソーシャルディスタンスはストレスの原因」「老人には子どもの声がストレスに」「コロナ禍の病、スキンハンガー」など、いま気になる情報が満載だ。さらに、Chapter5では、アンガーマネジメントや涙活など、感情コントロールで自分を癒す方法を紹介している。

 生活様式が一新した今だからこそ自分自身のストレスと向き合い、自分らしい働き方、暮らし方を模索したい。


※撮影:BOOKウォッチ編集部

書名:  ストレスを消す100の方法 出版社名: 宝島社 出版年月日: 2021年1月13日 定価: 499円+税 ISBN: 9784299012982

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル