top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

JTのテレビCMにたばこが登場しないのは、なぜ? 理由を調べたら心がポカポカした

Jタウンネット

JT(日本たばこ産業)のCMは、なぜ「たばこ」そのものを宣伝しないのだろう――?

愛煙家の筆者は、そんな素朴な疑問を常々感じていた。

たとえば、現在放映中のテレビCM「想うた」(おもうた)シリーズ。

ダンスロックバンド・DISH//のボーカル兼ギターの北村匠海さん演じる主人公と、その周りの人々にまつわる、ドラマ仕立ての映像だ。

同期入社のサラリーマンが切磋琢磨するシーンや夫婦の日常の暮らしが描かれている。しかし、そこには、たばこが1本も映っていない(電子タバコでさえも…)。


「想うた」シリーズ第6弾。描いたのは「夫婦」(提供:JT)

広告の後にも続きます

かつては、たばこを吸う姿を映したCMがテレビで流れていたのに…。

一体、なぜなのか。

Jタウンネット編集部では、たばこ産業史を専門とする学芸員に、話を聞いてみた。

キーワードは「自主規制」

「昔は、成人男性の多くが喫煙者だった」

そう言われて、頷く人も多いことだろう。

1965年、JTの前身である日本専売公社が始めた「全国たばこ喫煙者率調査」によると、このころの成人男性の平均喫煙率は80パーセント台。10人中8人は習慣的にたばこを吸っていた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル