top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

妊娠中の腹痛は過敏性腸症候群が原因だった! 自力で見つけた改善方法

ママテナ

妊娠中の腹痛は過敏性腸症候群が原因だった! 自力で見つけた改善方法(C)ママテナ 腹痛でトイレに駆け込んでも排便がない……。
腹痛には様々なケースが考えられますが、今回は「過敏性腸症候群」にかかった女性にお話を聞きました。

妊娠により子宮に変化がおきて過敏になり、いわゆる「過敏性腸症候群」の症状が出ているのではないか、との説明を受けました。

子宮の状況と腸が影響し合っているとの説明に納得しましたが、目に見えない部分だけにそのような関係性があることに驚きました。

■腸には乳酸菌! 根本的な治療がない代わりに自分の記録を開始

過敏性腸症候群は自覚(どんな時に発生するか)に対しての対処でしか方法がなく、かつ妊娠中であるため、まずは「どのような時に発生するか」を自分で気をつけて、その状況を避けるように心がけるとの説明を受けました。

そして、要因としては妊娠期特有の強度な便秘が考えられるため、便秘解消としてマグネシウム剤と乳酸菌を処方していただきました。

また、個人的に乳酸菌飲料(具体的には、ヤクルトL400を直接購入開始)、冷えを避けるように温かい服装、飲み物も温かくかつノンカフェインのものに変えました。

広告の後にも続きます

また、婦人体温計で体温と食べ物(飲み物含む)の変化なども確認するようにしました。

気をつけるようになってからは、だいぶ軽減されましたが完治まではしませんでした。

■産後に多少は改善するかと思いきや…現在の状態

お産後にはよくなるのではと思っていたのですが、産後の体調の変化からかコーヒーのカフェインに対する耐性が落ち、コーヒーを飲むとめまいや頭痛、過敏性腸症候群の症状が出るようになりました。

妊娠期で体調管理はだいぶ慣れていたので、この頃から自分が何に反応するかを気をつけて記憶するようにしました。

私の場合は以下のようなものは症状を発現しやすくなることがわかりました。

<だめなもの>
・コーヒー
すべてNG、特にアイスコーヒーや市販の缶コーヒーは完全にNG(市販の缶コーヒーは、量に対して発現が強くカフェインが添加されているのではないかと思われる)
・冷え
・焼肉など 油や塩分が多いもの
・辛味がつよいもの
・強いガードルなどしめつける服装

<問題ないもの>
・紅茶、緑茶(200ml程度までなら問題ない)
・カフェインレスコーヒー(97%程度カットされているもの)

コーヒーや紅茶などカフェイン入りの飲みものを飲む場合は、午前中に200ml程度にとどめるようにしています。

最近はカフェインレスコーヒーも買いやすいため助かっています。

特に秋から冬への季節の変わり目は冷えやすいためか発現率が高まるため、冷えないように気をつけたり、上記の「だめなもの」を避けるように心がけたりしています。

また、お腹によいといわれる食品(乳酸菌食品(ヨーグルト、塩麹など)は自宅で作っています、豆系食品)をとるようにしたところ、お腹が痛くてハラハラする頻度もだいぶ減っています。

私と同じ食事をしている家族も便秘や下痢などの腸のトラブルもなく暮らせているので、自分を知ることで自分だけでなく家族の健康にもつながるのだと改めて実感しています。

■「過敏性腸症候群」に悩む人へのアドバイス

気づかないうちに食べている嗜好品が原因の場合があります。

私は妊娠中の猛烈な腹痛で自分に合うものと合わないものがあることを知ることができました。

「好き」だからやめられないものを見直すことで、最初は大変でしたがいつもわだかまっていたお腹が不安なく、むしろ快調な状態になってとても快適です。

自分を知ることで健康につながり、結果的に生活の満足度をあげることができました。

過敏性腸症候群は命にかかわる病気ではないので、安易に扱われやすいですが改善すると生活の質をあげることができます。

是非自分のお腹と向き合ってみてください。

■まとめ

腸の役割は栄養の吸収・排泄を行うだけでなく、免疫細胞の半数以上が作られているほかに、脳腸相関とよばれる脳との働きにも関係するなど研究が進められています。

人間の健康を左右しているといっても過言ではない腸。ひとえに腹痛といっても食あたりのような一過性のものから今回のような慢性的な疾患、さらには重篤な病気が潜んでいるケースと様々です。

腸の調子が安定しないようならば、一度しっかりと自分の腸と向き合ってみることが大切です。

(編集・制作:いまトピママ/文:亀井満月)



  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル