top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

新ネタ発表3か月で完コピの偽物誕生「僕のコピーが中国に5人生まれて」世界的イリュージョニストHARA マジックの権利に関するジレンマとは

ガジェット通信

先日、たまたま『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系)を見ていたら、独学で世界的イリュージョニストになったHARA(原大樹)さんが出演されていて、「すごい人だな~」と感心していたら、数日後に奇遇にもインタビューの機会をいただいたので、話を聞いてきました。

奈良県の最寄りのコンビニまで車で1時間かかる田舎町、十津川村で生まれ、幼少の頃より独学でマジックを修得したHARAさん。

2009年アメリカラスベガスにて開催された世界大会 World Magic Seminar Teens contestにて日本人初のグランプリを受賞。世界的に有名なマジックの殿堂ハリウッドマジックキャッスルにて開催されたFuture Stars Weekに日本人初出演。米国の人気オーディション番組Americas got talentに出演。最先端テクノロジーとマジックの融合作品”IBUKI”を披露し、アメリカ、アジア、中米、ヨーロッパ、アフリカ等、世界30か国以上のTV/ショーにゲスト出演しています。

特にプロジェクションマッピングを使用した”IBUKI”は世界で絶賛され、そのVTRを見てHARAさんを知った、という人も多いのでは? 筆者も当時とても印象に残ったことを覚えています。

世界中を周りショーを披露しているという、まさに世界的イリュージョニストのHARAさんですが、イリュージョニストってどうやったらなれるのでしょうか?

イリュージョニストってお金がかかりそう……スポンサーがついてるの?

広告の後にも続きます

――皆さんマジシャンはなんとなくイメージができると思うんですけど、イリュージョニストって仕掛けの規模が大きいので、どうやったらなれるんだろう?と疑問に思っています。HARAさんは特に師匠についたりせずに独学でマジックを習得されたということで、不思議です。

HARA:イリュージョンはやっぱり披露するマジックの規模感は大きいですよね。でも、みんな最初は小さなマジックから始めていって、僕も元々やっていたのはクローズアップマジックといって、テーブル上で披露するものでした。でも、どんどん見てくださるお客様の数が増えていくと、手元だけの細かなマジックだと見えなくなってくるんです。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル