top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『急性咽頭炎』を早く治したい時の4つのケア方法─喉の痛み・腫れ・渇き

ママテナ

『急性咽頭炎』を早く治したい時の4つのケア方法─喉の痛み・腫れ・渇き(C)ママテナ 急に起こる喉の痛み。
放置すると慢性化する可能性もあります。
急性咽頭炎の原因と、きっちり&早く治すためのケア方法などをご紹介します。

咽頭炎の症状は喉の痛み、熱や倦怠感も

食べ物を飲むこむ時に痛い、喉がヒリヒリするといった症状が出るのが、咽頭炎。

中でも、ウイルスや細菌が原因で喉に炎症を起こすものを、急性咽頭炎といいます。

初めは、喉の奥あたりが赤くなり、喉に違和感やイガイガする不快感がある程度。

それが、悪化していくと喉の奥の横の口蓋扁桃が腫れたり、白い膿がついたりします。

ここまでくると、喉の痛みとともに、ツバを飲みこむだけでも痛い状態になります。

広告の後にも続きます

また、全身倦怠感や発熱などが起こる場合も。

原因のウイルスや細菌によっては、全身に発疹があらわれることもあります。

急性咽頭炎の感染経路 人にうつるの?

急性咽頭炎は、いわゆる「喉の風邪」ともいわれています。

喉の粘膜は、外からのウイルスや細菌を体に入れないように守る働きが。

通常、外から入ってきたウイルスなどは、喉の粘膜に付着した後に、免疫力で殺菌されます。

それが、喉の乾燥、季節の変わり目の気温変化が大きい時期に免疫力が低下。



  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル