top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「99.9」映画化支える松本潤と香川照之の“18歳差の友情”

女性自身

「99.9」映画化支える松本潤と香川照之の“18歳差の友情”

「先の見えない大変な日々が続いていますが、観てくれる人の笑顔を想像しながらスタッフ一丸となって真面目に楽しんで制作していきたいと思います」

 

こうコメントしたのは松本潤(37)だ。松本が主人公の弁護士・深山大翔を演じる人気ドラマシリーズ「99.9-刑事専門弁護士」(TBS系)。その映画版が制作されると、2月17日に発表されたのだ。冒頭のコメントは、映画化にちなんだもの。さらに松本は「映画館のスクリーンで暴れるチーム99.9を楽しみにしていてください」と呼び掛けている。

 

「99.9」は裁判有罪率が99.9%とされる刑事事件で、0.1%の可能性を懸けて戦う弁護士たちの物語。16年4月に第1シーズンが、そして18年1月に第2シーズンが放送されている。ストーリーだけでなく、随所にちりばめられた小ネタも話題に。そうして第1シーズンの平均視聴率は17.2%、第2シーズンは17.6%と高い水準を記録している。

広告の後にも続きます

 

「松本さんは“座長意識”が高い方です。『99.9』のドラマ撮影にあたっては弁護士の後援会の記録を読んだり、裁判員制度を学んだりしていました。さらに正月休みでも自ら共演者に呼び掛け、台本の読み合わせを行ったといいます。

 

また『99.9』といえば、『いただきマングース!』などのダジャレも好評です。こうしたギャグも松本さんを中心にして、現場のみんなで考えていました。“最終回まで誰がいくつ本番に採用されるか”を競い合うなど、現場は和気あいあいとしていました」(ドラマ関係者)

 

そんな松本だが、「99.9」を通してターニングポイントがあったという。それは深山の上司・佐田篤弘を演じる香川照之(55)との出会いだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル