top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

坂上忍は苦言も北村弁護士「法律家として問題ない」GACKT愛犬譲渡問題巡る発言に批判「美談にしてるのが気持ち悪い」

リアルライブ

 18日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)で、歌手のGACKTの愛犬譲渡問題について特集。MCの坂上忍と弁護士の北村晴男氏の間で激論が繰り広げられる一幕があった。

 GACKTは自身のユーチューブチャンネルに、ペットロスになった知人の妻のため、自身が5カ月飼っていた愛犬をプレゼントするという動画をアップ。しかし、ペット好きの間で大きな波紋を呼び、炎上。釈明動画なども公開したものの、いまだに批判の声が広がっている。

 愛犬家として知られる坂上ら、ほとんどの出演者はGACKTに対し批判的。坂上は「僕はGACKTくん、知り合いだけど理解できない」と苦言を呈していた。

 そんな中、坂上から弁護士の立場から意見を求められた北村弁護士は、「法律家としても問題ないですし、人間としても問題があるとは思っていません」と発言。その理由について、人間の場合でも養子に出す場合は裁判所の許可が要り、「人間のお子さんを養子に出すこと、それは誰も非難できないです。ご本人たちのいろんな事情があって養子に出すわけです」と指摘。その上で「それとのバランスで考えると、ワンちゃんを里子に出すことを僕は第三者として批判する気はないし、批判できないと思っています」と明かした。

 ​>>坂上忍「あの人ヅラですよねってみんな言ってたよ!」出演者に暴言、伊藤アナがフォローも更に揶揄で批判の声<<​​​

 また、動物愛護法の観点からもコメントし「この子がきちんと愛情を持って育てられる環境に置かれるならば、それはそれ以上のことを非難するべきじゃない」とした。その後も坂上に対し、「この子が一時的にどう思うかは置いておいて、(これから)大事に育てられたとしましょう。そのときに、この子犬は大人になるに至って、あの時捨てられてつらかったって、ものすごいつらい思いをしていくんですか?」と質問する場面も。「もしそうでないのであれば、(つらいのが)一時的な子犬の感情であれば、僕は(GACKTを)非難するべきではない」と断言していた。

 さらに、GACKTへの批判に対し「みなさんは、そのワンちゃんがかわいそうだから自分のみならずGACKTさんにそういうことをしてほしくない、っていう批判をしてるんじゃないですか?」と呼びかけ、「その犬がかわいそうだから言ってるんじゃないの?」と指摘していた。

 しかし、この北村弁護士の一連の発言に視聴者からは、「犬の気持ち云々じゃなくて、家族を平気で他人に渡せるのに愛犬家みたいな顔してるGACKTに違和感があるんだよ」「法的に問題なくても、家族をあげることを美談にしてるのが気持ち悪いってなんで分からないの?」「批判してる人は、知人の子どもが死んで可哀想だから自分の子どもを養子にやる行為を美談にしてるところに違和感感じてるけど、そこが全く北村弁護士と噛み合わない」という声が集まっていた。

 最後まで坂上らと北村弁護士の論点が合わず、もどかしさを覚えた視聴者も多くいたようだった。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル