top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中居正広が巨額寄付を続ける理由 26年間で総額2億円以上に

女性自身

中居正広が巨額寄付を続ける理由 26年間で総額2億円以上に

《公益のため多額の私財を寄附したので、令和三年一月三十日、紺綬褒章並びに賞杯を授かった者は、次のとおりである》

 

2月9日付の官報により、紺綬褒章を受章したことがわかったのは中居正広(48)。全国紙の社会部記者は次のように解説してくれた。

 

「紺綬褒章は国や地方公共団体などに私財を500万円以上寄付した人を対象に、審査を経て授章が決定します。中居さんの場合は、さらに賞杯、漆塗りの木製の杯も授与されており、これは1,500万円以上を寄付した人が対象となります。

広告の後にも続きます

 

彼は昨年に『東京コロナ医療支援基金』に1,000万円、また『新しい地図』と日本財団が共同で設立した“LOVE POCKET FUND(愛のポケット基金)”にも1,000万円寄付したと報じられています」

 

ほかの寄付も含めれば1年間で2,000万円以上! 中居の“寄付歴”について、スポーツ紙のデスクはこう語る。

 

「私が調べた限り、いちばん古い記録は26年前の’95年3月です。SMAP初期の名曲の1つである『がんばりましょう』が、この年の春の選抜高校野球の入場行進曲に採用されたこともあり、開会式を中継したラジオ番組に、中居さんが電話出演しました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル