top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

越智ゆらの&小南光司インタビュー 東京23区初の“オリジナルTwitterドラマ”は「楽しいだけじゃないプチ事件もあります!」『はつ恋とビー玉 ~10の約束~』配信中

ガジェット通信

品川区のウォーターフロント・天王洲で生まれ育った幼馴染のふたりの恋物語を描く「はつ恋とビー玉~10の約束~」が現在配信中です。本作は東京23区初の“オリジナルTwitterドラマ”というめずらしいプロジェクトで、天王洲で生まれ育った幼馴染のふたり、優希(ゆき)と武流(たける)の恋物語が「10回デート」で行く名所の数々とともに紡がれます。

https://twitter.com/hatsukoi_bdama [リンク]

その優希役を元Popteen モデルで現LARMEレギュラーモデルの越智ゆらのさんが務め、武流役を演舞台「あんさんぶるスターズ!オン・ステージ」(16)「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」(20)など、人気2.5次元舞台に多数出演する小南光司さんが演じます。おふたりは過去に共演歴があり、息の合った関係も作品に安定感を与えています。

今回その配信を記念して、越智さんと小南さんに単独インタビュー!本作で描く品川の魅力やお互いの恋愛観について、途中寸劇(?)も入れながら明るくお話してくれました!

広告の後にも続きます

■ストーリー~ビー玉越しの君に“恋”をした

天王洲運河と京浜運河に囲まれた場所にある小さな島・天王洲アイルで育った幼馴染の優希(ゆき)と一つ年上の武流(たける)。
子どもの頃からずっと好きだった武流に想いを伝えられないまま大学4年生になった優希は、ある事情から品川区を離れなければならなくなる。その前に、武流とデートをして初恋の思い出を残したい優希は、子どもの頃交わした約束を果たしてもらうことを口実に、武流と「10回デートをする」という約束を取り付ける。子ども時代の思い出の場所を歩いたり、武流のオススメスポットに出かけたり。デートを重ねて、だんだん距離が縮まっていく2人だったが―――。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル