指原莉乃の恋愛観に今田耕司が驚き「アイドルのくせにどんな経験を…」
指原莉乃の恋愛観に今田耕司が驚き「アイドルのくせにどんな経験を…」
 Amazonプライム・ビデオのリアル婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』シーズン2(全10話)の独占配信開始日に先がけ、23日、都内で会見が行われた。シーズン1で司会進行役を務めた今田耕司、新たにナビゲーターを務める藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、指原莉乃(HKT48)が出席し、展望を語った。


 “恋愛”リアリティー番組である同シリーズは、一人の独身男性=バチェラーが真の愛を見つけ出すために、「彼の心をつかみたい」と思っている20人の女性がゴージャスな婚活体験を行う。ルールとして毎回、バチェラーはいいと思った女性にバラを渡し、渡されなかった女性が番組から去る。回を追うごとに人数は減り、最終話の時点でバチェラーの心を射止めた女性がいれば、その一人にバチェラーから結婚を前提とした交際の申し込みが行われる。2代目バチェラーは、大手IT企業・サイバーエージェントの幹部・小柳津林太郎さんとなっている。

 藤森と指原はファンを公言するほどの『バチェラー・ジャパン』フリーク。シーズン2も毎回のようバチェラーを惑わせるような状況が繰り広げられているが、今田は「我々もハマりました。収録に行くのが楽しみだった。女子同士の戦いがエグい」と魅力を語り、これだけの恋愛サバイバルは「ないですね」と指原が言い切るほど。

 予告のヘリコプターから花火を見下ろすシーンも、3人は「花火を上から見れるデートはすごかったですね~」と感嘆とした。一方、バチェラーといる時間と、女性だけでいる時間の表情の変化に今田は「女性同士に戻ったときの、あの怖さ…」と話し始めると、指原が「私は、ずっと言っていたのに、お2人は気づかないから。ホントに嫌でした」とぶっちゃけ。今田は「アイドルのくせにどんな経験を積んできたんや、っていうぐらい。2手3手先を見抜くんですよ。『この女は違いますよ』と」と指原の持つ恋愛テクに、ただただ驚きの声を上げていた。藤森が「男性には学ぶところが多い」と話すと指原は「ホントにバチェラーを見て勉強してほしいですね」と呼びかけた。

 また、小柳津さんついても言及。帰国子女ということもあり、指原は「チューとかしちゃうんです。最初はバチェラーがチャラくて、嫌だなって思ったんです。けど、見てると、すごくピュアな方。まっすぐな気持ちで、愛を正直に伝えている。だから結局、今回も(バチェラーが)好きでした」とドハマリしたことを正直に告白。藤森も「男性が見ても好感が持てる」と話し、今田も「今回は男性はバチェラーに気持ちが入るかもしれない。『そいつ違うから気づいて』みたいな」と熱い気持ちが止まらなかった。

 『バチェラー・ジャパン』シーズン2は25日から配信スタート。今田は「シーズン2は全てにおいてパワーアップしている」と魅力を熱弁した。

(更新日:2018年5月26日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(芸能)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME