top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

森永卓郎が巻き込まれた「相続地獄」口座は不明、戸籍は焼失、迫るリミット

SmartFLASH

 

 森永卓郎氏(63)が父親を亡くしたのは、2011年3月、東日本大震災直後のことだった。それからの10カ月間、「相続地獄」を体験したのだという。

 

「私が地獄を見たのは、死んだ親父の財産について、なんの情報も持っていなかったから。理由はこれに尽きます。

 

広告の後にも続きます

 

 父は元新聞記者で大学の教授もやっていましたが、もともとは特攻隊員の生き残りです。

 

 自分で靴下もはかないような人間でしたから、2000年に母が急死してからは、誰かが面倒を見なくてはいけない。それで、所沢の私の家に引き取ることになったわけです」

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル