top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

マスクでもメリハリ顔!顔型別・痩せ見えするハイライト術

つやプラ

マスクによって輪郭が強調され、いつもより顔が大きく見えてしまうということはないですか? マスクをしている時はハイライトとシェーディングを使い分けることで、透明感を出してシャープな印象を演出することができます。

ヘアメイクのプロである筆者が、顔の形別「マスクメイクで使えるハイライト&シェーディング術」をご紹介します。くすみやたるみが気になる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

■ハイライトとシェーディングの役割

ハイライト

ハイライトとは肌の色より明るめの色のことで、立体感を出したい時に使います。

広告の後にも続きます

鼻筋をスッキリ見せたい時や、顔の幅をカバーしたい時に使います。主に、高く見せたい時や、ふっくらとした印象に見せたい時、透明感を出したい時におすすめです。

シェーディング

シェーディングとは肌の色より暗めの色のことで、影を入れてシャープに見せたい時に使います。

フェイスラインをスッキリ見せたい時や、鼻をシャープに見せたい時におすすめです。

単品でハイライトとシェーディングを使うよりも、両方を同時にとり入れることで顔に立体感が生まれ、すっきりとした顔立ちに見せることができます。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル