top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

石原慎太郎も実証!?“耳たぶのシワ”は脳梗塞のサインかも

女性自身

「自覚症状が出ていなくても、病気のサインは顔に表れています」

こう話すのは『顔を見れば隠れた病気がわかる』(マキノ出版)の著者、「みうらクリニック」の三浦直樹医師だ。

「眉間と目は肝臓、目の下は腎臓、鼻は心臓、頬は肺、唇は胃と腸といった具合に、顔のパーツと内臓には相関関係があります」(三浦先生・以下同)

これらの位置に血色、膨らみ、へこみ、シワ、シミ、吹き出物といった急な変化が見られたら、その関係する内臓に不調が出るという。

広告の後にも続きます

自分でチェックできる「顔でわかる病気のサイン」、なかでも重篤な症状につながるものを三浦先生に聞いた。女性はお化粧や外出前などに、鏡を見る習慣があるので、こうした変化に気をつけてみよう。

■肺気腫など肺の疾患

肺の機能が低下すると頬と眉に変化が表れる。

「頬に黒ずみができる人は、姿勢が前かがみになっている人、口呼吸をしている人に多いです。深い呼吸ができず、肺の機能が低下しているからです。喫煙者はなおさらです。太っている人も、胸骨のまわりの脂肪が肺を圧迫して、頬が黒ずんできます。また眉間に横ジワができるのは、肺の下部に悪いものが滞っているしるしです」

ひどくなると、肺炎や肺気腫になるから要注意だ。次のエクササイズを参考に、肋骨を開いて肺の可動域を広げよう。

【エクササイズ】

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル