top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

災害だけじゃない!こんなものも火災保険で補償されます

防災ニッポン

火災保険というと「自分の家が災害を受けて、壁や門、屋根などが壊れたときに補償してくれるもの」と思っている人も少なくありません。しかし、実際はもっと広い範囲で大切な家を守ってくれるものなのです。そこで今回は、火災保険で補償の対象になるものと、補償を受けられるケースについて紹介していきましょう。

火災保険の補償対象「建物」「家財」

家が災害に遭ったときに備えて加入しておくのが火災保険。補償対象になるものは「家」だけではありません。家の中にあるものも補償対象になる可能性があります。

それは、「家財」です。家の中には、テレビなどの家電製品や家具など、高価なものがたくさんありますよね。そんな家財を火災保険が補償してくれます。

 

火災保険は「建物」と「家財」が補償対象になっているのですが、火災保険を契約するときは「建物のみ」「家財のみ」「建物+家財」から、必要な補償プランを選択して契約します。

広告の後にも続きます

そして、実際に災害に遭って、被害を被ったときに契約内容に応じて損害保険金が支払われます。

 

もちろん、建物のみでの契約では、災害で家財に損害が出ても補償はされません。家財の損害にも備えておきたいときは、「建物+家財」の補償プランで契約しましょう。

 

賃貸住宅に住んでいる場合、建物は大家さんが火災保険に加入していることが多いのですが、大家さんが火災保険に入っていることが確認できたら、もしもの備えは「家財のみ」でよいでしょう。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル