top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

世界を知る絵本おすすめ6選!外国や異文化、多文化を学ぶ

ホンシェルジュ

グローバル化が進み、多様性が求められる社会で生きていくには、幼い頃から世界の国々やそこに暮らす人々への理解を深めることが大切です。今回は、さまざまな文化に触れることができるおすすめの絵本を紹介していきます。

世界各国の暮らしの違いをわかりやすく紹介したおすすめ絵本『世界とであうえほん』

世界の多様な文化を絵で紹介した作品です。衣食住をはじめ、乗り物やお祭りなど各国の暮らしが解説されています。

たとえば民族服のページには、毛皮の帽子をかぶったアラスカの人や、カラフルな「ウアイノ」に身を包んだペルーの女性など、さまざまな服装の人物が描かれています。なぜそのような服装で生活をしているのか、色使いにはどのような意味があるのか、自然と興味が湧いてくるでしょう。

著者 出版日2012-12-11

イラストレーターとして子ども向けの作品を多く手掛けるてづかあけみの作品です。2012年に刊行されました。

各国の特徴をわかりやすく伝えてくれるシンプルな絵が魅力的。ひとつの見開きでひとつのテーマを紹介する構成も読みやすさを感じます。

紹介されているのは、どれも身近なものばかり。まずは絵だけを楽しんでもよいですし、成長にともない調べ学習の材料にしたり、テーマをまたいで国ごとの比較してみたりとまざまな読み方ができるでしょう。

世界の小学生の暮らしを紹介したおすすめ絵本『わたしのくらし 世界のくらし』

広告の後にも続きます

日本、イタリア、ウガンダ、ロシアなど7ヶ国の小学生の1日を追った絵本です。

住んでいる場所や家族構成、食事などの生活スタイル、通学路、授業の様子などの学校生活、そして放課後や夕食後の過ごし方などのプライベートタイムまで、7人の「とある1日」が紹介されていきます。

著者[“マット・ラマス”, “マット・ラマス”, “おおつか のりこ”] 出版日

アメリカの作家マット・ラマスの作品で、日本では2018年に刊行されました。

自分の1日の過ごし方を思い浮かべ、比べながら読むのがおすすめ。細かく描き込まれたイラストは隅々まで楽しめます。巻末にはモデルになった7家族が紹介されているので、まるで異国の友達の生活を見ているような親近感を抱きながら読み進められるでしょう。

世界にはいろいろな生活スタイルがあることを知り、異文化に関心をもてる一冊です。

世界の文化をマッピングしたビジュアルブック『はじめてのせかいちずえほん』

見開きごとに世界の地図を置き、さまざまな文化をマッピングした作品です。

  • 1
  • 2

TOPICS