top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

落合博満監督が「飛ばないボール」で中日を優勝に導いた“オレ流”指令とは?

アサ芸プラス

 広島東洋カープ、巨人で活躍した元プロ野球選手、川口和久氏。2011年より原辰徳第2次政権下で巨人1軍投手総合コーチを務め、4年間でリーグ優勝3度、12年には日本一にも輝き、原監督を大きく支えた功労者の1人である。

 そんな川口氏が、同じく元プロ野球選手である石毛宏典氏のYouTubeチャンネル「石毛宏典サブチャンネル」に出演し、唯一優勝を逃した2011年を振り返り、優勝を飾った中日ドラゴンズの名将、落合博満監督の堅実な“オレ流”指令を明かしたのだった。

 2月6日に〈【元側近が語る】巨人・原辰徳野球の内情〉とタイトルがついた投稿回を観てみよう。

 振り返れば、11年からは12球団すべてでミズノ製の低反発ゴム材を使った統一球が採用されており、前年と比較して、両リーグの本塁打数は1605品から939本に激減している。

 それほどに打球が飛ばないボールを採用していることに加え、広いナゴヤドームを本拠地にしている中日の優勝について、「すごいことだと思いません?」と石毛氏に同意を求める川口氏。川口氏いわく、落合監督は「ボールが飛ばないんだったら、ヒット狙いに行こうよ。ホームランなんか狙うな。とにかくヒットを打とう」と選手に指示していたそうだ。

広告の後にも続きます

 着実にヒットを積み重ねる堅実な作戦が功を奏した落合監督は優勝を遂げ、この年を限りに監督を退任、有終の美を飾っている。落合監督らしい、まさにオレ流のカッコいいエピソードが拝聴できる興味深い回だった。(ユーチューブライター・所ひで)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル