top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

三原市・大島神社の参道に連立鳥居が誕生で、計67基に

広島ニュース 食べタインジャー

広島県三原市の大島神社が、参道の石階段に鳥居を追加し「連立鳥居」がお目見えしています。

この連立鳥居、JR三原駅の新幹線から山手を見上げると、連なる赤い鳥居が目立って見え、非常に気になります。

あれ?三原にあんな鳥居あった?…と気になって向かってみると、大島神社の参道が大変身していました。

2021年の「おひな祭り」を盛り上げたい!

この連立鳥居は、2020年11月に建てられたもの。

大島神社にはもともと、参道から境内まで含めて鳥居は8基。このうち、石段に3基しかなかった鳥居を62基に増やして立派にし、

広告の後にも続きます

新型コロナウイルスの影響から開催中止となった去年の「おひな祭り」の分まで2021年は盛大にお祝いし、子供たちや見に来てくれる人を笑顔にしたいと企画したという。

動画で見る、大島神社の連立鳥居

以下の動画は、麓から続く大島神社の参道に設置された連立鳥居の様子。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル