top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「寒暖差ストレス」による老化を防ぐために食べたい食材

つやプラ

冬の寒さと春先の温かさが混在するこれからの時期は、気温差や湿度の変化で無意識の間に肌や身体にストレスがかかりやすく、身体のリズムも乱れがち。ストレスや疲労は老化の原因にもつながってしまいます。

インナービューティー料理研究家の筆者が、老化の加速を防ぐためにも毎日食べたい「身近なアンチエイジング食材」と、更年期対策やうるおい作りにも欠かせない「良質なオイル」のとり入れ方をご紹介します。

■更年期世代に「抗酸化力」が必要な理由

細胞老化の原因につながる活性酸素の働きを抑え細胞を守る力を「抗酸化力」といいます。人間の身体に本来備わっている力ですが、残念ながら加齢や日々のストレス、栄養や睡眠不足などのさまざまな要因によって低下していきます。

なので、抗酸化力の高い食材を日々の食事にとり入れることは老化対策のために欠かせません。

広告の後にも続きます

■更年期世代に「良質なオイル」が必要な理由

オイルや脂質と聞くと「高カロリー」「太る」といったイメージをもつ方もいらっしゃると思います。揚げ物の残り油などの酸化した油は美容と健康にNGですが、「良質な脂質」は身体にとって必要です。

良質な脂質は、私たちの肌のうるおいや髪のツヤなどを生み出す材料となるほか、女性ホルモンをサポートする栄養素です。日中の活動力になる重要なエネルギー源でもあります。

更年期世代は、ホルモンバランスの変化から髪のツヤが気になりはじめるお年頃です。オイル抜きよりも、「良質なオイルを味方につけた食生活」を意識して身体の内側からキレイを磨く工夫をしましょう。お気に入りのオリーブオイルやごま油などを探すことも楽しいものです。

■抗酸化力を効率よく上げるためのポイント

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル