top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

カンニング竹山 日大アメフト選手への救済訴えるも賛否両論

女性自身

カンニング竹山(47)が5月21日、「ビビット」(TBS系)に出演。アメリカンフットボールの試合で、対戦相手を負傷させた日本大学の選手について“救済”を訴えた。

同番組では、19日にひらかれた日大の内田正人監督(62)の会見について特集。内田監督が「すべて私の責任」と発言しつつも、自身が選手にどのような指示を行ったかについて明言しなかったと伝えた。

そんななか、「僕もアメフットファンですけど、『ぶっ潰していくぞ!』みたいな気合もある」と発言した竹山。「生徒、選手は監督の指示に動くものだと思う。監督としては、“責任は取らないといけないから辞める”ということで責任は取るんでしょうけど。根本的にシステム上、日大さんがうまくいってないんじゃないかと思う」と持論を展開。「日大のシステムを一新すべき」とし、選手を慮った。

「あのプレーはダメ。100ゼロでダメなプレーなんだけど、もし(監督の)指示でやったとしたら、選手生命を奪ってほしくないんです」

広告の後にも続きます

そして続けて「日大まで入ったアメフット選手って一流選手。もしかしたらこの子は社会人でもやれるかもしれないから、この子自身も反省したら、またこの子にアメフットやらせてほしい。そういう環境をみんなで作ってあげてほしい」と訴えた。

ネットでは竹山の意見について、賛否分かれている。賛成派は、こう語る。

《100%監督の指示で、この加害選手は監督の指示に従うしかなかった。という事であれば加害選手も気の毒だなとは思う》

《日大のサック問題で、指示でしたのならば、選手をアメフトから追放することは本当に避けてほしいって。ホンマに》

《ホントにそう。監督指示があったとしたら、体育会系の上下関係は厳しい。断ることもできなかったはず》

いっぽう否定派は「復帰は難しいのでは」と疑問を呈す。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル