top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

座り方を変えてぺたんこお腹!筋トレなしでお腹を凹ます方法

つやプラ

気づかないうちにお腹周りに脂肪がついて、洋服が窮屈になっていませんか? 実は、骨盤を立てて座るだけで、ぽっこりお腹にアプローチできるんです。

ヨガインストラクターである筆者が、誰でもできる簡単な姿勢で、ぺたんこお腹に近づくやり方をご紹介します。テレビを見ながらできる内容なので、ぜひトライしてくださいね。

■筋肉を理解すれば部分痩せできる!

お腹が気になると、「とりあえず腹筋を鍛えなきゃ!」と思いがちです。でも腹筋といっても、腹直筋、腹斜筋、腹横筋など複数の筋肉があります。それぞれ筋肉の特徴が違い、「どこを引き締めたいか」でアプローチする筋肉が変わってきます。

ぽっこりお腹対策は「腹直筋を鍛える」のがポイント

腹直筋とは、その名の通り、お腹にまっすぐついている筋肉。”腹筋が割れる”とか”シックスパック”といわれる部位で、ぺたんこお腹を作るのに効果的な筋肉になります。

広告の後にも続きます

この筋肉は、肋骨と剣状突起から恥骨までつながっており、長いのが特徴です。面積が広い腹直筋を鍛えることで代謝が上がり、痩せやすい体を作ることができます。また、体を支える力がアップするので、姿勢改善にも効果的です。

腹筋を鍛えるというと、「クランチ」のように仰向けになって上体を持ち上げる運動をイメージする方も多いでしょう。ですが、クランチの場合は腹直筋の上部分しか鍛えられないので、下腹のぽっこりは解消されません。

筋トレで腹筋を鍛えるには、腹直筋の上部を鍛える運動と下部を鍛える運動を組み合わせる必要があります。

■ぺたんこお腹を作るダンダ・アーサナ(長座)

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル