top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アメリカ国防総省が公認「コロナウイルス殺菌ゲート」月額30万円、日本水連も太鼓判!

SmartFLASH

 

“夜の街” に似合わないドーンとした代物。じつはこれ、「殺菌ゲート」だという。

 

 新宿・歌舞伎町のホストクラブ「HAMLET」に搬入されたゲート型装置から噴射される「NSP・MIOX」は、ペンタゴン(米国国防総省)が特許を持つ、不活性化剤。米軍でも基地外に出た場合は、MIOXの全身噴射を受けないと、帰還が許されないという。

 

広告の後にも続きます

 

「コロナウイルスも不活性化させ、使用施設などで感染者の発生はありません。日本水泳連盟にも推薦をいただき、多数のプールの水にも使用されています。最近では水泳大会にもNSP・MIOXを噴射するゲートを設置させていただいています」

 

 そう話すのは、NSP・MIOXを取り扱う企業の担当者だ。この大型装置、1台あたりのリース月額は、約30万円。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル