top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

54個の磁石玉を飲み込んだ12歳の少年、手術で一命を取りとめる

SmartFLASH

写真はイメージです

 

 イギリス・マンチェスターに暮らす12歳の少年ライリー・モリソン君が、6時間に及ぶ大手術で、体内から54個の「磁石玉」を摘出した。

 

 もともと好奇心旺盛だったモリソン君は、貯めた小遣いでクリスマスに磁石玉を買った。「もし体のなかに磁石があったら、金属が自分のお腹にくっつくのだろうか?」と疑問に思い、1月1日、ためしに磁石を飲み込み、3日後にもう一度飲み込んだ。

広告の後にも続きます

 

 

 その後、いつまでたっても体から出てこない磁石が気になり、「たまたま飲んじゃんたんだけど……」と母親に相談。驚いた母は、あわてて病院に駆け込んだ。

 

 手術前のレントゲン写真には、胃と腸に25個から30個の磁石玉が写っていたが、実際に手術してみると、全部で54個もあった。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル