top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【食堂のおばちゃんの人生相談】49歳・会社員お悩み

SmartFLASH

「食堂のおばちゃん」として働きながら執筆活動をし、小説『月下上海』で松本清張賞を受賞した作家・山口恵以子。テレビでも活躍する山口先生が、世の迷える男性たちのお悩みに答える!

 

【お悩み/能天気さん(49)会社員】

 かつての同級生たちはみな親の介護や体調、仕事で悩んでいる。私は両親はとうに亡く、私自身は健康で、独身なので妻子への不満もない。ちなみに結婚の意思もない。だから、たいして悩みがない。同世代が持つような悩みがないのが、悩みだ。

 

広告の後にも続きます

 

【山口先生のお答え】

 悩む必要はありませんよ、能天気さん。人は年を取るごとに不幸になっていきます。二十年後、あなたは悩みの塊です。これは脅かして言ってるんじゃありません。私の実体験です。

 

 父が亡くなるまで、つまり42歳まで、私はあなた以上に能天気でした。少なくともあなたは独立採算ですが、私は親の家に住んで半分ニートみたいだったし、おまけにマザコンでした。私は母親ととても仲が良かったし、父は内心はどうあれ放任主義で干渉しなかったので、実家の居心地は快適でした。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル