top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【インタビュー】『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』 妻夫木聡「今回は、うっかり感動させちゃいます」 蒼井優「この家族は、最低だけど最高じゃないですか」

もっとエンタメ

 第1作は「熟年離婚」、第2作では「無縁社会」をテーマにした、山田洋次監督の喜劇『家族はつらいよ』シリーズ。最新作『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』(5月25日公開)のテーマは「主婦への讃歌」だ。気遣いがなさ過ぎる夫の言葉に日頃の不満が爆発し、家出をした妻と、一家の主婦がいなくなるという緊急事態に直面した平田家の大騒動を描く。本作で平田家の次男・庄太とその妻・憲子を演じた妻夫木聡と蒼井優が、撮影の舞台裏や、山田監督に対する思いなどを語った。

-『東京家族』(13)も含めると今回が4作目になりますね。山田洋次監督の言葉の中で、特に印象に残ったものはありますか。

妻夫木 多分、今回がこのシリーズの集大成になると思うし、誰にでも起こり得ることを題材にしているので、監督は「ただ皆さんに笑いを届けるだけではなく、喜劇だからこそ真剣に取り組んで、血の通ったものにしたい」とおっしゃっていました。その言葉がとても印象に残っています。また、台本には書かれていない大事なことを、演出の中で気付かせてくださるのが山田監督ならではだと思います。

蒼井 山田監督が「初めて映画を撮る前日に緊張して眠れなくて、先輩の監督の家を訪ねて『明日から自分はどうすればいいのでしょう…』と聞いたら、『現場の人間を信じることも監督の才能の一つだ』と言われた」という話をしてくださいました。それを聞いて、私たち役者はもちろんですが、これは映画の現場に携わっている全ての人が大切にしなければならない言葉だと思いました。他にも監督から、撮影現場で迷いが出そうになったときに、助けになる言葉をたくさん頂きました。

-4作やってきて、お互いの印象は変わりましたか。

妻夫木 ほとんど変わっていません(笑)。いまだにフレッシュな感じがします。また、初めて会ったときから、すぐにお互いに気を使わなくてもいい間柄になれたし、こうした夫婦や恋人役を演じることも多かったので、その点ではとてもありがたいと思っています。逆に、最初の『家族はつらいよ』のときは、まだ初々しい関係という設定だったので、それを演じることの方が難しかったです(笑…

TOPICS

ランキング

ジャンル