top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

食べたものを脂肪に変えない!すぐできる「ちょい足し」習慣

つやプラ

今までと何も変わっていないのに、なんだか太りやすくなってしまう40代。40代に入ると筋肉が減って基礎代謝が悪くなってしまうため、今までと同じような生活スタイルで太りやすくなってしまうのは当たり前のことなのです。

だからといって、急に食生活を変えるのはストレスですよね。

美容と健康に役立つ食スタイルを提案して17年の美養フードクリエイターである筆者が、毎日の食生活にちょい足しして、食べたものを脂肪に変えない習慣を3つご紹介します。

■脂肪に変えない!ちょい足し習慣3つ

(1)朝のジンジャー

広告の後にも続きます

朝は一日の中で一番体温の低い時間帯です。まずは、体温を上げて代謝をアップしましょう!

同じショウガでも、生のショウガではなく、加熱乾燥したショウガを摂ることもポイントです。東洋医学では、生のショウガは生姜(しょうきょう)、加熱乾燥したショウガは乾姜(しょうきょう)と呼ばれ、それぞれ効能がことなります。

生のショウガは、体表を温めて発汗を促し、体内に溜まった余分な熱を発散させるものです。一方、加熱乾燥したショウガは、胃腸を温めて、身体を内側から温める働きのある食材です。

朝は、身体を内側から温めることが大切ですから、加熱乾燥して作られたジンジャーパウダーを飲みものやお味噌汁に入れたり、ジンジャーティーを習慣にしましょう。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル