top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

太賀と吉田羊が共演の映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』主題歌担当は、ゴスペラーズ!

UtaTen

本作の主題歌に、ゴスペラーズが本作のために書き下ろした新曲「Seven Seas Journey」が決定したと発表された。今回作詩・作曲を担当したメンバーの安岡 優氏は、この映画には「愛されること」と「愛すること」、その両方が描かれています。主題歌には「ララバイ」であり「セレナーデ」である曲が必要でした。愛が受け継がれる歌、愛が捧げられる歌。そのどちらも感じてもらえたら嬉しいです。と、主題歌に込めた想いをコメントしている。この主題歌は、7月4日にリリースされるニューシングル「In This Room」に収録されることが決定。デビュー以来、老若男女の心をその歌声でつかみ続けているゴスペラーズが、本作にさらなる花を添える。

【特報】映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」2018年11月全国公開


太賀、吉田羊の壮絶な親子関係を絶妙に現すティザービジュアルが解禁!



この度解禁されたティザービジュアルは、太賀と吉田羊が別々のフレームに収められながらも、〝大好き〟をあきらめない。というコピーを体現したような、闇を持つ母との関係を修復しようとしている息子・タイジの秘めた闘志が垣間見える。離れていても、決して断ち切ることの出来ない親子の絆を強く感じさせるビジュアルとなっている。映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』は11月全国ロードショーだ。ぜひ、映画館でこの作品を楽しもう。

安岡 優(ゴスペラーズ)のコメント


この映画には「愛されること」と「愛すること」、その両方が描かれています。主題歌には「ララバイ」であり「セレナーデ」である曲が必要でした。愛が受け継がれる歌、愛が捧げられる歌。そのどちらも感じてもらえたら嬉しいです。
安岡 優(ゴスペラーズ)

作品概要


親からも友達からも愛されたことがない青年が壮絶な過去を乗り越えて、母からの愛をつかみ取るまでの感動の実話『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(原作:歌川たいじ/KADOKAWA刊)。せつなくも、どこまでも温かい愛に包まれた原作は、多くの読者の心を打ち、瞬く間に話題作となった。愛に恵まれず屈折した母に挑む息子のタイジを太賀が、また吉田羊が裏の顔を持つ母親を見事に演じ切っている。共演には『レディ・プレイヤー1』で注目の森崎ウィン、白石隼也、秋月三佳に加え、木野花らが脇を固める。監督は、御法川修が務める。

【STORY】
タイジ(太賀)は小さい頃から大好きな母、光子(吉田羊)に愛されないまま、壮絶な家庭環境の中で育てられた。耐えかねて17歳で家を飛び出し、一人で生きてきたタイジだったが、友人の言葉に動かされ、母と 向き合う覚悟をする。大人になっても自分を拒絶していた母に歩み寄り、タイジは母からの愛を取り戻すために立ち向かっていく。

【キャスト】
太賀 吉田羊 森崎ウィン 白石隼也 秋月三佳 小山春朋 斉藤陽一郎 おかやまはじめ 木野花

原作:歌川たいじ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」(KADOKAWA刊)

監督:御法川修 脚本:大谷洋介

制作プロダクション:キュー・テック 配給・宣伝:REGENTS

(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

公式サイト

TOPICS

ランキング

ジャンル