top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

高畑充希、星野源と“ニヤニヤポイント”が似ていると告白!視聴者は尊いやりとりに「泣いていい?」と反応

テレビドガッチ


高畑充希が、2月7日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系、毎週日曜22:00~)に出演。星野源からコメントが到着し、彼との共通点を語る一幕があった。

芸能界での交友関係を問われると、定期的に食事をする友人として蒼井優の名を挙げる高畑。最初の頃は、友だちというより先輩というイメージだったが、共通の知り合いであるフォトグラファーが、サンフランシスコに住んでいたため、一緒に会いに行くことに。そこで意気投合したと明かした。

一方、星野とは『おげんさんといっしょ』(NHK総合)や、映画『引っ越し大名!』で共演している仲。「高畑さんの言動で思わず笑ってしまったことは?」という質問に、星野は「僕と充希ちゃんの『変だと思う人』が一致していて、“ここが変だよね”という指摘があまりに正確だったので、爆笑したことがあります。ちゃんとした観察眼と、意地悪ではない鋭さを持っているので、話をしていて気持ちが良く、自分も気をつけなくちゃと背筋が伸びます」と回答した。

当時について高畑は「(周囲に)すごく不思議な人がいたんです。源さんとはニヤニヤするポイントが似ているというか……見方が30度くらい斜めなんですよ。なので、微妙なラインで“やっぱ思ってた?”って(言い合った)」と回顧。

だからといって、その対象者を嫌いだというわけではなく、ずっと思っていたものの“言ってはいけない”と感じていたという。MCのくりぃむしちゅー・上田晋也から「思い切って聞いてみるけど、誰?」と問われると、困った表情を見せて「口が裂けても言えません。この話は全部カットしてほしいです」と返して笑いを誘っていた。

このほか、2005年からデビューしている高畑の出演作品を振り返る一幕も。10代から舞台を中心に活動しており、現在でも「年に1本はやりたい感じで……好きですね」という。

また、主演を務めた『連続テレビ小説 とと姉ちゃん』(NHK総合、2016年)のオーディションでは、5人でグループワークしたと告白。ほかの4人は台詞が与えられたものの、高畑にだけ台詞がなく「この場を好きにかき乱してください」との注文が。戸惑う中でも、楽しくやれたことで役に繋がったという。高畑は「舞台に立っていたのは、良かったかもしれないです。(10代の頃は)普段から恥ずかしいと思いながらも、そうは言っていられない状況が多かった」と振り返っていた。

インターネット上では、特に星野とのエピソードに反応が。「仲良しエピソード思わぬ所で聞けて嬉しいっ」「……泣いていい?」「源さんとのエピソード可愛すぎるw」との声があった。

次回は2月14日に放送。門脇麦がゲスト出演する。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル