桜井日奈子、吉沢亮が京都の高校をサプライズ訪問「同世代にときめいてほしい」
桜井日奈子、吉沢亮が京都の高校をサプライズ訪問「同世代にときめいてほしい」
同名大ヒットコミックを映画化した『ママレード・ボーイ』の公開を記念して、主演の桜井日奈子、吉沢亮が平安女学院高等学校(京都市)をサプライズ訪問した。
今回のイベントは、日本全国4600校の高等学校の在校生、卒業生を対象におこなわれたWEB投票の上位100校から選ばれた1校に、二人が訪問する企画。「歴史が長く、初めてセーラー服ができた学校です。生徒数が少なく、小規模ですが全学年と絆が強い」など気持ちのこもったPRを寄せたことから、選ばれた。

桜井、吉沢の突然の登場に、集まった女子中高生600人は大盛り上がり。桜井は「初主演作品なので、大切な想いが詰まっている。同世代の方々にたくさんときめいていただきたい」、吉沢は「みなさんの世代的にはドンピシャじゃないでしょうか。いろんな恋愛の憧れのシチュエーションがたくさん描かれています」と十代にアピール。

この日は、生徒たちから質問も飛び交い、「好きな異性のタイプ」を尋ねられると、桜井は「頼りがいのある男性と、あとクシャッと笑う人」、吉沢は「学校の行事や部活動など、いまできることを一生懸命がんばっている人。今日も、みなさんががんばって投票してくれたから、ここに来られたわけですし」とそれぞれ好みを語った。

京都は重要なシーンの撮影がおこなわれ、桜井は「嵐電(京福電鉄嵐山本線)で撮影をしました」、吉沢も「僕が演じた遊が京都YMCAに住んでいる。この近くで撮影しました」と振り返る思い出の場所。

桜井は「熱い想いが伝わってくるイベントでした」、吉沢も「また京都にきたい」と平安女学院高等学校の訪問を楽しんだ。

映画『ママレード・ボーイ』は全国公開中。
(更新日:2018年5月21日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME