top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“生涯一捕手”野村監督が明かす「捕手だけがファウルゾーンを守る理由」【短期集中連載Vol.4】

SmartFLASH

 

 2020年2月11日に惜しまれつつ亡くなった、野村克也さん(享年84)。1周忌にあたり、15年間近くマネージャーを務めた小島一貴さんが、短期集中連載で「ノムさん」の知られざるエピソードを明かす。今回は、第4回だ。

 

 

広告の後にも続きます

 監督は「生涯一捕手」を座右の銘にし、現役時代は3017試合に出場したが、これは谷繁元信氏(元中日)に更新されるまで日本プロ野球で1位の記録だった。同じく捕手である谷繁氏に抜かれたとはいえ、プロ野球史に残る名捕手だったのは間違いない。

 

 

 また、監督としては3204試合を戦っているが、「どうしても捕手の視点で見る癖がついている」と言っていた。南海で兼任監督として指揮を執った1040試合を差し引いても、捕手の視点で5000試合以上を戦ってきたことになる。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル