【2.5次元インタビュー】須賀健太が語る2.5Dの魅力「特殊な世界観」と「高いエンターテインメント性」
【2.5次元インタビュー】須賀健太が語る2.5Dの魅力「特殊な世界観」と「高いエンターテインメント性」
3歳で子役としてデビュー以来、現在まで映画やドラマ、そして舞台の第一線で活躍し続けている須賀健太。2.5D(2.5次元ミュージカルの略)作品では、現在上演中のハイパープロジェクション演劇「ハイキュー…

 3歳で子役としてデビュー以来、現在まで映画やドラマ、そして舞台の第一線で活躍し続けている須賀健太。2.5D(2.5次元ミュージカルの略)作品では、現在上演中のハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“はじまりの巨人”の主役・日向翔陽役でも知られる。日本2.5次元ミュージカル協会の2018年度の「2.5Dアンバサダー」にも就任した須賀に、2.5次元ミュージカルの魅力を聞いた。

-アンバサダーに就任された率直なお気持ちは?

 最初は、僕でいいんだろうかって思いました。2.5D作品は年々、すごい勢いで増えていて、2.5Dに特化した役者さんも多くいらっしゃいます。普通に考えれば、そういう方がアンバサダーを務めた方がファンの方も喜ぶんじゃないかと思ったんですが、広く一般の方に知っていただくきっかけ、という意味では、少しは力になれるのかなと思っています。

-須賀さんは、ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」(15)の我愛羅役で、初めて2.5D作品に出演されました。オリジナルキャラの舞台や映画と、2.5D作品ではどんな違いがあると感じられましたか。

 僕にとっては、原作があるかないかだけのことです。ある種、教科書が1冊多いというだけの感覚。ただ2.5Dでは、どれだけそのキャラクターに寄せられるかが大切だということがすごく特徴的だとは思います。そこに特化しているのはすごいと思いましたし、戸惑ったり、難しかったりした部分でもありました。

-我愛羅はかなり個性的なキャラクターでもありますしね。

 そうですね。でも、自分では似ているなと思ってたんですよ、おでこの感じとか(笑)。もともと、原作も大好きで、好きなキャラクターだったので、演じられると決まったときはうれしかったですし、それと同時にファン心理というものもよく分かりました。だからこそ、汚してはいけないという緊張感は最初からすごくありました。

-その後、2.5D作品では、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」シリーズで主演を務めていらっしゃいます。現在、シリーズ6作目が上演中です。須賀さんにとって、…
(更新日:2018年5月16日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(芸能)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME