【インタビュー】『ピーターラビット』ウィル・グラック監督「CGを使っていることを観客が忘れてしまうようにしたかった」
【インタビュー】『ピーターラビット』ウィル・グラック監督「CGを使っていることを観客が忘れてしまうようにしたかった」
1902年の初出版以来、世界中で親しまれているビアトリクス・ポター原作の絵本『ピーターラビット』が初めて実写映画化された。5月18日の日本公開を前に来日したウィル・グラック監督が、イギリスの美しい湖…

 1902年の初出版以来、世界中で親しまれているビアトリクス・ポター原作の絵本『ピーターラビット』が初めて実写映画化された。5月18日の日本公開を前に来日したウィル・グラック監督が、イギリスの美しい湖水地方を舞台にした本作の見どころや、製作の舞台裏について語った。

-『ピーターラビット』初の映画化に対する思いは? 原作は読んでいましたか。

 子どもの頃、両親が読んでくれました。今は自分にも子どもがいるので彼らに読み聞かせています。とにかく僕はピーターラビットというキャラクターが大好きなんです。長年映画化されなかったのは、ポターの原作を継承している団体が、映画化に対してとても慎重だったからです。ですから、今回は長い時間を懸けて映画について説明し、納得してもらいました。

-『アニー』のリメーク版(14)に続いて、今回は有名な原作の映画化です。観客とってすでにイメージがあるものを映画にする難しさはありますか。

 とても難しい。二度とやりたくないぐらいです(笑)。アニーにも、ピーターラビットにも、それぞれの人が自分なりの思い入れを持っているので、映画に対する期待度がとても高いのです。また、それぞれの原作との関係を考えてみても、映画化に際して原作を変えた部分もあるので、それをいかに処理するか、というのが大変なところです。

-監督はアメリカ人ですが、今回はアメリカンコメディーとは違い、イギリス流のブラックな笑いや、アイロニーが目立ちました。この点は意識的に演出したのでしょうか。

 今回は、イギリスやオーストラリアのスタッフがほとんどで、アメリカ人は僕一人でした(笑)。ピーターラビットは非常にイギリス的ですから、もちろん英国流のユーモアが主ですが、今回は、少しアメリカ的なものも入っています。というのは、アメリカンユーモアは世界中に浸透しているところがあるからです。ただ、今回一番意識したのは、イギリス人に受け入れられるか、ということで、これは成功しました。そして二番目に意識したのは日本の観客です。

-アメリカンコメディーという意味では、ドーナル・グリーソンが演じるマグレ…
(更新日:2018年5月16日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME