日本プロ野球公式戦が台湾初上陸【2002年5月14日】
日本プロ野球公式戦が台湾初上陸【2002年5月14日】
国歌斉唱、始球式など大活躍だったタレントの松浦亜弥 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に

国歌斉唱、始球式など大活躍だったタレントの松浦亜弥

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は5月14日だ。

 海外での公式戦開催は、戦前の1940年に満州(現中国東北部)、その後、61、62年に日本返還前の沖縄であったが、事実上初、かつ唯一の外国の公式戦開催が2002年5月14、15日、台湾でのダイエー-オリックス戦と言えるだろう。ダイエーの指揮官、王貞治監督にとっては、もう一つの故郷での開催でもある。

 5月14日、満員の大観衆が集まった天母球場の1戦目、台湾でも大人気の“あやや”こと、松浦亜弥さんが打席に入り、大歓声を浴びていた。試合はオリックスが3点を先制も7回裏にダイエーが小久保裕紀、大道典嘉、秋山幸二の3本のソロ本塁打で同点。8回裏に1点を追加した。オリックスも粘って9回表、同点にするが、その裏、ダイエー先頭の松中信彦の一打が場外へサヨナラ弾。

 お立ち台で「気持ちいい。野球の神様がチャンスをくれたんでしょう」と喜ぶ松中は最後「シェイシェイ!」と叫んだ。

 翌日はオリックスが8対7で勝利。2日とも満員で興行的には大成功だったが、帰国後のハードスケジュールで開幕から続くダイエーの勢いが完全に止まり、同年V逸の原因の一つになってしまった。 

写真=BBM
(更新日:2018年5月15日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME